健康的に出来るダイエット方法についての紹介をしているサイトです。

menu

健康的なダイエット講座|簡単で無理のないダイエットをしよう!

日々の生活で皮膚は大切に!

2?3ご時世ぐらい前から慢性乾燥肌に悩むようになりました。

特に面持ちまわりの乾きがきびしく、眉間や額、ほほの時分の皮膚が乾きし、ぽろぽろと白い粉状になったスキンが落ちてきます。

我慢できない程ではありませんが、かゆみの現れる時もあります。

「何故何?」としてはいましたが、家事とセールスの年中に追われ、スキン科に相談する間隔や賃金も勿体ないように思われて、誰かに相談することもなく過ごしていました。自分なりに考えた原因として思い当たるのは、2つ。花粉アレルギーが酷くなってきた点、今まで使っていたメーク水や乳液が皮膚に合わなくなってしまったことです。

こちらは10代の間から春にはスギ、秋にはイネやキク科の花粉アレルギーを発症し、日々ひどくなる病態に悩まされてきました。

くしゃみや鼻水に加え皮膚にもかゆみなどの病態があり、無意識に手を置きたり掻いたりしてしまう結果皮膚が傷つき、

そっちへメーク水や乳液をつけると皮膚がピリピリして懸念で、凄い時折赤くなる。

元々「皮膚に優しい」とか「神経質皮膚の方にも大丈夫」という無添加メーク水を通じていたのにも関わらずこうした病態が出た結果、

「恐らく何をつけてもおんなじだろう」と落胆してしまい、徐々にメーク水や乳液を使わなくなっていきました。

しっとり洗い上げるという文句の洗浄型も乾きに拍車が要る気がして、購入しなくなりました。

メーク水をやめてしまったのが要素か、アレルギーが凄くなったのが要素かはわかりませんが、乾燥肌は二度と酷くなりました。

かさかさになってしまった面持ちをマスクで隠して取り繕いたりもしていましたが、医者へ行くという代わりは思い浮かびませんでした。

びっちり秋も終わり冬に入った時、インフルエンザにかかってしまい医者へ行く機会がありました。

インフルエンザの医療がおわり薬の処方箋を出してもらっている一瞬、私のサイドに向き直った医者が「それにしてもお顔の乾き、ちょっとひどいですね。どうしてされました?」と聞いてきたのです(女医さんで、その方はお肌がつやつやでした)。

はた目から見ても意外と手強いポイントになっていたのか!という時は損害でしたが、今までの事情を話すと、皮膚の進度を備える薬も一緒に処方してくださいました。

今ではアレルギーを押さえつける薬に加え漢方も服用し、徐々に皮膚の進度も思い切りなってきていると思います。

こちらははからずも医者が発した一言で勝利にかけていきましたが、

自分の見積もりだけで行動するのではなく一度医者に診てもらうことも大事なのだなと感じました。

肌は日々の生活でしっかりケアしておかなくてはいけないものなのです!

根本から汚れを落とさないといけません。

そんな時は「エマルジョンリムーバー」

吹きかけるだけで肌の汚れを根本から落としてくれます。

エマルジョンリムーバーの効果
を肌で感じてみてはいかがですか?

Related post

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

Calendar

November 2016
M T W T F S S
« Sep    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930